「終活ガイド上級(1級)検定」を取得して副業・起業に活かそう!!

超高齢化社会の日本において、高齢者は近い将来、加速的に増えていくのは簡単に予測できます。

ある程度の年齢になれば、自分の人生の終わりを「悔いを残さない様に迎えたい」と、思うのは自然な事ですよね。

昨今では「終活」という言葉をよく耳にすると思います。

「終活」といても、

  • 何をどうすれば良いのか?
  • 手順・手続きはあるのか?
  • 何か特別なものは必要なのか?

など、疑問・不安になる方も多くいると思います。

終活」の案件は今後、増えていくのは間違いないです。

 

そこで、「終活」の専門家として活動するための使える知識と情報が学べる

【終活ガイド上級(1級)検定】

の取得を考えてみてはどうでしょうか?

起業や副業を考えている方には、今後高齢化が進むこれからの日本で終活業界は隠れた成長産業と言われているので「終活アドバイザー」は注目の資格です。

終活ガイド上級講座は、終活協議会が実際に巣鴨で終活の相談をおこなっている経験をベースに作られた通信講座で、

医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓など、終活にかかわるすべての疑問・悩みに対応できる内容になっています。

終活ガイド資格」は、終活に必要な知識と情報を身に付けて、これからの高齢化社会に貢献し、活躍できる唯一の終活資格で、

資格を取得した方々が、実際に終活の専門家として活躍できるように作成されています。

こんな方におススメ!

  • 資格を取って副業や起業を考えている40代~50代
  • セカンドキャリアを考えている50代~60代
  • セミナーなどの講師業をしたい人
  • 老後が不安なおひとりさまの女性
  • 子供がいない、もしくは子どもと一緒に生活していないおふたり様
  • 終活関連の仕事をしている人(介護関連、整理業者、葬儀社、墓石業、不動産業、保険、FP、行政書士、司法書士など)
  • 高齢になった親の生活が心配な人
  • 親の介護や相続、お葬式などで困った経験のある人
  • 地域ボランティアや社会活動に熱心な人

「終活ガイド上級講座」は生涯学習なので、資格を取ったあとも最新情報を常に学ぶことができます。
また、終活協議会が業務提携している事業者のネットワークを利用することができるので、
知識を学ぶだけでなく、実際に終活の相談に対応できることが他の資格との大きな違いです。
終活の知識や情報は、知っているだけで損しない内容がたくさんありますので、
人生の最期に後悔したり、下流老人になる可能性が低くなります。

「終活ガイド上級資格(1級) 取得までの流れ」

  1. 通信講座で終活を学ぶ→終活ガイド上級資格(1級)の申し込みをすると、テキスト2冊と他冊子・書類が送られてきます。
  2. 自分のペースで学習→テスト提出期限は決まっていないので、自分のペースでテキストに沿って学習できます。
  3. WEBでテストを送信→50問のテストを、テキストを見ながら回答していきます。(難しかったり時間が取れない方には、アドバイス映像を送ってくれます)
  4. 40問以上正解で合格→テストを送信して、結果が数日後に送られてきます。(不合格の場合でも、追加費用なく何度でもテストを受ける事が出来ます)
  5. 活動の準備→合格者には、上級資格者専用サイトの案内があります。そこで、上級資格者として活動を開始することができます。(サイト内では、豊富な資料や活動についての案内が観覧できます。)
  6. ブランディング→【公式】終活ガイドポータルサイトに無料登録ができ、上級資格者専用の簡易的なホームページが開けます。(掲載内容は自分で指定する事が出来ます。)
  7. スキルアップ→終活の相談対応ができるように必要なスキルを学んでいきます。(終活ガイド上級資格者専用サイトに入ると、豊富な資料が準備されていて、更なる専門性を高める学習ができます。)
  8. コミュニティ育成→終活ガイド上級資格者(1級)は、全国各地で開催されている終活ガイド資格検定(2級)が何度でも無料受講できます。検定を受講することで学んだ知識が使える情報に変わり、街の先生を目指していく事が出来ます。また受講者同士でのコミュニティができるので、活動していく地域での活動がスムーズに進みます。
  9. 生涯学習→いつでも学習できるように、動画や資料などの情報は追加・更新されるので、いつでも最新の情報を学ぶことができる環境になります。(内容は自身のセミナーの資料としても活用できます)
  10. 活動サポート→セミナー活動や相談業務については、本部のサポートがありますので、安心して活動していく環境が整えられています。

 

「終活ガイド」とは

一般社団法人終活協議会が認定している資格で、初級・中級・上級に分かれてる民間資格です。

終活で「悩み」や「困っている」人の問題を解決することを第一の目的として、実際に相談者の悩みを解決できるようにバックアップ体制もシッカリ取られています。

相談者の問題点を認識して、相談者の問題点についての回答を正しく理解してもらう為に必要な知識を提供・マッチングが出来る人材の育成を目指して学習を進めていきます。

終活ガイド上級を取得すれば、実際に終活の相談を受ける立場として活動する事が出来ます。

 

終活ガイド資格の比較

終活ガイド資格 3級(終活の知識を学びたい方)

内容

  • 終活の内容を理解したい方
  • 終活ガイド中級を受けようと考えている方
  • 基礎知識を学びたい方

におススメで、ネット上でテキスト(数ページ程度)を読みWEBテストを受けて合格すると「終活ガイド初級」の認定証が発行される。

テストを受けるまでは会員登録は必要なく、テストも無料で受ける事が出来ます。

(合格後は「終活ガイド初級」に登録・認定証の発行は個人情報の登録が必要)

テストは、簡単な問題で2択問題・10問の出題

 

終活ガイド資格 2級(終活知識を身に付けてアドバイスをしたい方)

全国で開催されている口座を受講して、テストに合格すると資格が得られます。

講義では医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓の項目が学べて、3時間程度(テスト込)の講義です。

テストは選択式問題で6割の正答率で合格。

受講料は¥5000。

特徴として、講師によって得意分野が異なったり、同じ講師でも最新の情報や事例学べる事が出来るように、2回目以降の受講は無料になっている。

 

終活ガイド上級資格 1級(豊富な知識・プロとして相談解決を目指していく方)

終活に必要な知識・情報を身に付けて、地域の相談や困り事を解決できる専門家を目指したい方。

終活ガイド上級講座」を申し込むと、テキストと動画サイトの案内が来ます。

学習内容は2級の内容に加えて終活の社会性・老人ホームの選び方・認知症・成年後見人・生前整理・遺品整理等より具体的な終活に必要な知識を総合的に学習する内容になっています。

1級では、終活の相談窓口になるための多くの知識が問われます。

カリキュラムに従いながら自分のペースで学習が進められ、約2週間程度で学習が終了でき、活動シートを提出することで「終活ガイド1級」に認定されます。

終活ガイド1級講座の受講料は¥50000

終活ガイド1級に合格すれば、より知識を深めるためにホームページに用意されているセミナー動画やテキストで専門分野の学習が可能で、

終活ガイド2級資格者と同様に、全国各地で開催されている終活ガイド講座が無料で受講できる。

エンディングノート認定講師(町の先生を目指す方)

エンディングノートとは?

人生は「必ず何時か終わる」と、いう事を意識して、自分自身の事や家族・友人の事や感謝の気持ちや伝えたい事をまとめて書きとめておくこと。

遺書と違い「法的効力」はありません。

 

終活ガイド検定の魅力は

終活ガイドは他の終活関連の資格より低価格で取得が出来て、合格してからも無料で継続して講座やセミナーを受けれる

1級ならセミナー講師を出来るレベルの資格が¥50000(年間費¥3000必要・1級のみ)で取得が出来て、1度受講料を支払えば講座やセミナーを何度でも受講できる。

終活ガイド認定講師になるには、終活ガイド1級に認定された後、講座を5回以上受講して認定試験に合格する必要があります。

認定講師になると、自由に終活ガイド検定の開催をする事が出来る。

終活ガイドで得られる収入の例(見込み)

  • 終活相談(相談料として30分~1時間・¥5000~¥10000が目安)
  • 実務の依頼・仲介(家族層の依頼¥20000・供養の依頼¥10000・お墓の依頼¥20000・遺品整理の依頼¥20000
  • 終活ガイドセミナーの報酬(1日¥30000~¥50000)
  • 心託会員紹介
  • エンディングノートの販売

 

ただし「終活」で活動していくのは良い点ばかりではありません。

「終活」とは、人の人生の終わりに関わる事柄なので、簡単な事ばかりではありません。

相談者の支えになり苦しみや悲しみを共有して支えてあげられることは喜びですが、人生の終わりは相談者本人だけの問題ではなく、

相談者の家族などの関係者との意見が異なる場合もまりますし、相続や保険を巡ってトラブルになるケースもあると思います。

そういった状況でも、終活ガイド資格取得者は相談者の支えになる必要があるので、時には精神的に多くな負担を感じる可能性がある事も忘れてはいけません。

 

今後、間違いなく日本は高齢化社会になっていき、「人生の最後」を考える方は確実に増えていくと思われます。

「人生の最後」を心残りなく迎える事が出来るようにサポートする手伝いの需要は、今後増えていくのではないでしょうか?

「終活ガイド検定」は副業・起業だけではなく、自分自身の「終活」にも適している検定だと思います。

自分自身、そして地域の方の「終活」のサポートが出来る「終活ガイド上級検定」を是非取得してみてください。

終活ガイド資格講座

© 2022 「終活ガイド上級(1級)検定」を取得して副業・起業に活かそう!! Powered by AFFINGER5